風俗に特化した情報サイト

仕事人。偽りなしです

風俗のホームページのプロフで「仕事人」とめいきされているふうじょうはさすがにはじめてみたかもしれません(笑)自分も目を疑ってしまいました。百歩譲ってそんなキャッチフレーズだとしても、イメージ的には人妻とか熟女につけられるかなと。あれだけ若い風俗嬢に「仕事人」なんてキャッチフレーズを付けるということは、気ッとテクニックが素晴らしいのかなって思ったんです。気になって彼女を指名して遊んでみると、その言葉の意味がよく分かりました。彼女は責任感が強いんでしょうね。仕事人であり、プロフェッショナル。サービス精神が旺盛というのもあるので、エンターテイナーと呼んでも良いかもしれませんね。「プロフェッショナルエンターテイナー」と呼ぶと何だか大袈裟ですけど、それくらいこちらのことを考えて奉仕してくれる風俗嬢だったので、何もかも満足出来たなと。その一点だけでも彼女を指名して良かったと思った部分なので、「仕事人」の看板に偽りなしです。

風俗では昔から心掛けています

最近の話じゃなく、昔から心掛けていることがあるんです。それは風俗では女の子とのコミュニケーションが重要だなってことです。どれだけコミュニケーションを取れるのかが、のちの快感を左右する部分と言っても決して過言ではないんじゃないかなって。コミュニケーションはそこまで意識したつもりはないんですけど、ただ冷静になって自分の風俗生活を考えてみると、やっぱり相手と喋って距離を縮めることは常に意識しているなって思ったんです。それがいわゆるコミュニケーションですけど、相手とどれだけ距離を縮められるのかによって、信頼感も構築出来るじゃないですか。すると、じゃあどこまで楽しめるのかという点も変わってくると思うんですよね。だから風俗ではまずは女の子と何を話すのかを考えますけど、他愛のない話でいいんですよね。あれこれ考えるのではなく、他愛のない話くらいが丁度良いものなんじゃないかなって思うようになってきたんですよね。